ruby/rails 引数のこれなんやのん?? → 「 User.create(name: "ito", age: 59) 」

さて、本日も元気よくRuby On Rails !!

 

カタカタ...

カタカタ...

カタ...

ッカ...

.........

 

こいつなんなん!?(´⊙ω⊙`)

「 User.create(name: "ito", age: 100)

 

f:id:xmobile:20170823225500j:plain

 

ずーっと気になっていましたがスルーしておりました。

引数の中の「 ( xxx: 1, yyy: 2 ) 」この書き方!!

 

プログラミングを読める方にとっては今更なんでしょうがド素人の方々は共感してくれるはず!!

 

キーワード引数とは

ruby-rails.hatenadiary.com

 

上記サイトによりざっくりと学習できたので貼り付けとコードをお借りして参りました。さてキーワード引数とは大まかに言うとわかりやすくするための記法だそうです。

 

1. 引数を沢山書くと次第に「この値って何の値だっけ??」となる事があります。

def total(subtotal, tax, discount)
  subtotal + tax - discount
end

total(100, 10, 5) # => 105

2. そこで引数に「 age: 100 」と記載すればほら!

 普通は100歳なんてありえないのに「...え、年齢なの?」ってなりますよね!

 ※お手本コードとは無関係です。

def total(subtotal:, tax:, discount:)
  subtotal + tax - discount
end

total(subtotal: 100, tax: 10, discount: 5) # => 105

 

正しくは違いますが覚え方の入りとしてはこれに近いと考えてください。

年齢 = 100 (年齢に100を代入)

age: 100    (100はageですよ)

 

抜粋し過ぎて何が何だかわからんわ!と言う方は解説のリンク先にアクセスしていただければ私なんかのつまらないブログよりも何千倍も素晴らしい説明を受けられます。

 

 

プログラミング学習は質で決まる??

Rubyは描きやすくて初心者にはいい言語だ!

私もそんな認識からRubyを学び始めてはや半年。独学であったために途中で何度も投げ出しかけた日々。エラーが起きるたびにGoogle先生と対話し続けたあの日々。

 

今でこそ多少のエラーは自分で何とかできるようになりましたが、昔はそうは行きませんでした。独学で躓いている方に一言。

 

1時間悩んだら人に聞け!!

 

これが結論です。

初心者は初心者でどんなに悩んでもわかるものはわかりません。それこそせっかくの学習時間の質を落としているだけになります。

 

さて、もう一つ学習について質が重要視される昨今ではありますが正直学習の質なんてなかなか上げられません。かく言う私もごくたまに時間も忘れて熱中する時もありますが基本的には脳内は他の事でダブルタスク,トリプルタスクで集中できていません。

であるならば...正直なところここが原点

 

とりあえずコードを書け!!

 

こいつ投げやがった...とか思わないでください。

本当に効果があるんです。英語を学習する時と同じでとにかく「触れる」ことに意味があるんです。私はこれをあたりまえ化無思考範囲の拡張と読んでいます。

 

毎朝歯を磨いたり髪をセットするのに思考は殆どいりません。お箸や自転車なんかもそうですが実際かなり細かい制御を行なって実行しているはずです。なのに頭をあまり使わなくてもできてしまいます。

 

最後に...睡眠は予想以上に大切です。以上

 

それでは!皆様とプログラミングについて語り会えるようになるために日々研鑽して参ります!!

 

f:id:xmobile:20171101194422j:plain

 

(初)技術書?に挑戦!!〜 実践Ruby on Rails 4 < 現場のプロから学ぶ本格Webプログラミング > 〜

ここ数ヶ月間、孤独にプログラミング(主にrailsにて)を学んで来た男が...

ついに書籍(技術書)にて学習を開始しました。

 

注意:ド素人が学習するブログです。

 

さて、ここで利用する技術書のご紹介を致します。

 

〜 実践Ruby on Rails 4 < 現場のプロから学ぶ本格Webプログラミング > 〜

f:id:xmobile:20171101191551j:plain

 

はじめに、私がこの本を選んだ理由は他でもありません。

知人の紹介 + Amazonのレビューです。

その他に特別な理由はありません。

 

しかし、なんでも初心者から中級者へステップアップしたいのであればとてもいい教材になると聞いて購入致しました。(あえてamozonリンクは貼りません。)

 

 

 

〜開始10分の感想〜

さてさて、それでは進めて行きたいと思います。

「ぺらり...ふむふむ...ぺらり」

 

Vagrantのリンク先が違う!!

いきなりやってくれました!

本書に記載のURL(https://www.vagrant.com/)を検索すると...

f:id:xmobile:20171101193231p:plain

 

「アーティストじゃねーよ!!」

 

滑り出しでとんだボケをかまして頂き誠にありがとうございます。

ここでめげずに検索していると本物を見つけました。

 

下記リンク先が本物のリンクとなります。

www.vagrantup.com

 

開始10分で盛大にやってくれましたがおかげでなんとなくこの書籍との向き合い方がわかりました。。。

 

「わからなければ自分でググれ!!」

 

知人のエンジニアにも現場では「ググり力」が求められると聞いていたのでなんとなく納得です。決してこの書籍が悪いわけではありません。

 

素人の考え方ですが、おそらくIT業界では変化があまりにも激しすぎるので書籍や文字として残すにはある程度自分で対応する能力がある前提で話が進められるのだと思います。

 

それでは、今後も孤軍奮闘、右往左往しながら学習に励んで行きます。

みなさまに応援していただけると幸いです。

 

ではまたお会いしましょう!

f:id:xmobile:20171101194422j:plain