高卒クズ男の再興戦略

高卒クズ男こと堀川登喜矢がエンジニア転職を皮切りにクズ脱却を目指すブログです。

「webを支える技術」のKindle版が出たので早速買って見たけどいい感じだった報告

こんにちは、最近苦手意識を持っていたJavaScriptとインフラ周りと本気で向き合って見ようかな?と思い始めた系エンジニアの堀川です。

Laravelと相性のいいVue.jsなら何とかなりそうですね!

それでは本編をどうぞ。

「webを支える技術」のKindle版買ってみた

webを支える技術
webを支える技術

早速ですが2018年11月14日発売の「webを支える技術(電子版)」ことKindle版の登場で気になる部分について共有する記事を書いておこうかな?と思いました。

コードは読み辛くない?

技術書あるあるの「電子版はコードが読み辛い」件について、今回は「webを支える技術」自体に殆どソースコードが書かれていない事で懸念事項から除外されました。

つまり殆ど読み物として扱えるので技術書あるあるの電子版を買って後悔すると言ったことはなさそうです。

KindlePaperWhiteでも読める!

電子書籍で買っても結局iPad何かで読むと目が疲れて嫌なんだよね〜」

と私自身も常日頃から思っておりました。

しかし、技術書でありながら「webを支える技術」は活字メインの読み物なので十分にKindle端末で読むことができました!

これで毎朝の通勤時間のお供ができましたね!

目次を読みながらリンクに移動できるのがいいね!

技術書は目次をしっかり読むことで体系的に説明された内容をより理解しやすくなるため、じっくりと目次を読むことが多いかと思います。(エンジニア先輩から教わった)

しかし、内容がすごく気になっても直ぐに移動できないとせっかくの好奇心がもったいないですよね!その点「webを支える技術電子版」はリンクにも対応しているので直ぐに移動して好奇心がMaxの状態で内容を確認する事ができます!

PDF版みたいなのじゃない!

技術書の電子版あるあるで技術書を買ってみたはいいものの、中身は粗悪なPDFのような物で読みづらくて仕方がないなんて事もしばしば…

しかし、今回はそんな事は無いようです。

とても読みやすいのでぜひ買ってみてください!

「webを支える技術」を読もうと思った理由について「読む前メモ」

はじめに

こんにちは、最近別の道を歩んでいる友人がある程度の資産形成を完了させて焦りを覚え始めた系エンジニアの堀川です。

努力の方向性とはよく言ったものですね。

僕もその辺りの考え方を今一度アップデートしなければなりません。

それでは本編をどうぞ。

webを支える技術を読もうと思った理由について

f:id:xmobile:20181118022648p:plain

エンジニアとして働き始めて7ヶ月以上が経ちました。

最近はAWSを使ったインフラ周りの業務ばかりをしていたのでコードを書けず、プログラミングレスな気分になっていたのですが(どうでもいい)ふと「webについての根幹の知識が足りてなさすぎるな。」と感じたためwebを支える技術を購入してみることにしました。

「動くだけ」のプログラミングに需要は無い

近年、コーディングのできるエンジニアの需要は高まりつつあります。エンジニアという職業はこのIT最前線の時代に於いては常に最先端にあり続けるとてもカッコいい職業と見られることも少なくありません。

しかし

世間が求めるエンジニア像とは「動くだけのプログラミング」を書くエンジニアは該当していません。

コードは資産(一応)

普段何気なく書いているコードは資産として捉える事ができます。

しかし、これまた動くだけのゴミコードを量産していくと本来資産であるはずの過去のコード達は負債へと姿を変貌させます。

保守性や拡張性の無いコードは生産したその瞬間から負債だそうです。なのでエンジニアの多くは間違いを正したくなる性質を持ち合わせているのだと思います。

ゴミコード量産してない?

もし、自分がゴミコードを量産していると思ったら企業の負債を吐き出すマシーンになる前に技術書や勉強会などで自分の知識をアップデートする必要があります。

特に保守性や拡張性と言ったものは経験則によるところが大きいため、社内に聞ける方がいないとなると技術書や勉強会に行って知識や考え方を教わるしかありません。

私もこの懸念から「webを支える技術」を購入しました。

技術書を読んで根幹を知り考え方を定着させる

先日、シャットダウンの方法について上司と話した時に「OSを理解している人はこのコマンドを使うけどパッケージ化されたコマンドを打ってもやってることは同じだ」という話から業務時間中に15分ほどUNIXから始まるOSの歴史講習を受けました。

理解している人にとっては「あ〜、あれね。」となるようなことかも知れませんが私にとっては「へ〜、ほ〜、なるほど〜。」と音を発するだけでした。

何が言いたいかと言うと
「全くついていけませんでした。」ということです。

webを支える技術を読み終わってからもう一度抽象的な技術についての記事をかければと思います。

はてなブログの文字サイズが読みにくいなら16pxに大きくしてみない?

こんにちは、

文字の読み易さにうるさい系エンジニアの堀川です。

最近、WordPressで構築されたサイトが世界の30%を超えたらしい!」という話を聞いて直ぐにWordPressに移行して今後の副業案件を受託できる様にしておかねば!!と躍起になっております。

それでは本編をどうぞ!

はてなブログが読みにくいので文字サイズを変えてみた

f:id:xmobile:20181109011151j:plain

むむむ、何かWordPressのブログとか見てると文字が読みやすくない?

それなのに僕のブログはとてもじゃないけど読みにくくて…

と思っていたらやはり!

ただ僕のブログの書き方が悪かったんじゃなくて文字サイズが小さくて見にくいらしいんです!というわけで今回は急遽文字サイズを適正な大きさに変えてやろうと思い本記事を書きました!

はてなブログのフォントサイズは14px!?

私も前々から読みにくいとは思っていたんですけど、まさかフォントサイズが14pxだとは思っていませんでした。下記の記事を読んで通りでな〜となったことは言わずもがな…笑

「うわっ…はてなブログ、読みにくすぎ…!」最大の原因はコレ - オークニズム

もし気になるようであればこの記事を読んだら直ぐにフォントサイズを変える事をおすすめします!

僕もこの記事を書く5分前までは小さな読みにくい文字を使っていました!

Google推奨は16px以上

上記で紹介した記事の通りGoogleの推奨フォントサイズは16px以上です!つまりはてなブログGoogleさんに真っ向から勝負しに行ってるみたいですね!笑

また、GoogleSEOには文字サイズが16px以上の文字がサイトの70%以上を占めているかという部分を見ているらしいです。

僕が検証した訳ではありませんが、非推奨のものをワザワザやりたいとは思いませんよね!実際文字が小さいと読みにくいですから!

cssで文字サイズを16pxに変える

文字サイズをGoogle推奨の文字サイズにしたい場合は

下記のコードを

「 デザイン > 記事 > 記事上 」

に書き写して見てください!

デザインのところに書いても良いんですが、無料版ではスマホのフォントを適応させられなかったので今回は記事上のhtmlを書き換えます!

また、スマホのデザインの記事の「PC版と同じデザインを表示する」にチェックを入れておかないとできないのでご注意ください!

スマホ版も対応!!

<style type="text/css">

/* PC版 */
.entry-content p {
    font-size: 16px;
}

/* スマホ版 */
@media screen and (max-width: 480px) {
    .entry-content p {
        font-size: 16px;
    }
}

</style>

まとめ

いかがでしょうか?

ちゃんと文字サイズを変えることができたでしょうか?最近人気のnoteや読みやすいWordPressの記事などもフォントサイズを気にして作られています。

本気でブログをやっていくなら文字サイズくらい自分の一番だと思うものを使いたいですよね!

ブログ記事数が50記事超えたら「はてなブログPro」か「WordPress」に乗り換えようと思う理由

こんにちは、やっとブログ毎日更新で1ヶ月目前までやってきました!

ブログに勉強時間奪われている系エンジニアの堀川です!

記事数で言えば、既に50記事程度を書いているので毎日更新以上の成果を出しています。まあ、PV数の方ではあまり成果が上がっていないのでコツコツ頑張っていく予定ではあるんですけどね。

それでも、1週間でブログ継続を終わらせていたあのボンクラがここまで頑張りました!

それでは、本編をどうぞ!

無料はてなブログからの乗り換え時期は50記事か1ヶ月?

はてなブログの無料版でブログを始めてから早いもので28日が経過しているようです。以前noteでブログを書き始めた時は1週間続けてすごく疲れていたのに…何が違ったんでしょうか?

さて、そんな私も50記事と1ヶ月を達成間近となって本格的にブログを続けて行こうと決心したわけですが、如何せんはてなブログ無料版ではどうも自由が効かない見たいです。

なぜ無料ブログをやめるのか

f:id:xmobile:20181107231305j:plain

はてなブログの無料版は俗にいう「無料ブログ」と呼ばれるものです。

これらのブログはアカウントを作るだけで簡単に自分のサイトを持てるのですごく参入しやすくて私も重宝しているのですが、どうも弊害が多いみたいで本格的なブログには向かないと思いました。

デザインに個性が出せない

私はwebエンジニアを職業としているのでブログのデザインなんかもHTMLやCSSをいじらせて貰えればいくらでも変えられます。寧ろデータのやり取りまでやったります。はてなさん雇って!笑

しかし、はてなブログ無料版ではどうにもいじれるデザインが限られているようで、窮屈な思いをしてあまり楽しくブログを書くことができません。

何とかしてスマホ版の見出しのデザインを自分好みに変えることができたのですが、それでもまだまだ僕がやりたいことではありませんでした。

Proならいじり放題!

はてなブログのProならブログ全体の構成からいじることができます。

そうすれば自分の思い通りにサイトの構成をいじって個性を出すことができるので、ブログを書くことが楽しくなります。

WordPressならもっといじり放題!!

WordPressならもっとデザインをいじり放題です。

むしろデータのやり取りなどもPHPを書ける私としては勝手が知れていて無料ブログよりも使いやすいかも知れません。もし私が WordPressにするのであれば毎日のようにいじって遊んでことでしょう。

(いや、ブログ書けよ!プログラミングの勉強しろよ!)

独自ドメインが使えない

独自ドメインというものをご存知でしょうか?

独自ドメインとはyyy/xxx.comなどのURLと言えば皆さんピンと来るかもしれません。 そうです Google の上部についているたくさんのアルファベットや記号のことを指します。

これはインターネットの中の住所のようなものですが、これを自分の物を持っているということは多くの特典があるので私は自分のドメインを取得してブログを運営していきたいのです。

独自ドメインなら広告を貼れる!

自慢ではありませんが私はとても守銭奴です。
(本当に自慢になってないww)

ブログでアウトプットするのであれば良いコンテンツを作って読者がたくさんついてくれたら、その貢献分のインセンティブが入ってくれると嬉しいなと鼻の下を伸ばしてしまいます。

事業としてブログを捉えられる

もちろんただ収益を出すのではなく、ライティングの知識やマーケティングなの知識を身につけるためにブログを始めているのでそれは忘れてはいけません。

特に今回ブログを一つの事業として捉えて考えているので資本金は0円でも一つの事業を手掛けるという一大事業を行っていると思い私はブログを継続します。

はてなブログ様の広告を消せない

はてなブログ無料版には株式会社はてなが提供する広告が必ずサイトのどこかに乗ってきます。これは今いるヤクザのみかじめ料のようなものです。

「ワシらの島でブログを書かせてやってんだからみかじめ料よこさんかい!」的な?ww

考えてみてください、そのはてなブログの広告を踏んだ回数はイコールであなたが稼げたかも知れないお金です。稼げるが稼いで見る方がいい人生を送れるかもしれません。

勉強ですね。

なぜ50記事か1ヶ月なのか

f:id:xmobile:20181107231606j:plain

なぜはてなブログの無料版を卒業するのは50記事か1ヶ月を目安にしたのかと言うと、1ヶ月毎日続いたものはおそらくこれからも長い期間続けることができると思うからです。

WordPressにお引越しするのが楽!

あまり記事が増えすぎてからではデータベースから記事のデータを移行させるのが大変になります。

また、ドメインを変えるのでせっかくのドメインパワーがついてきてからのお引越しでは心残りが大きすぎてすんなり乗り換えできないかも知れません。笑

継続力とノルマと自由

ブログは本当の意味での自由なのかもしれません。

突然こんな事を言い始めて何だと思うかもしれませんが、自由とは責任の裏返しと社会人をしている中で聞いた事があり、これは確かにと思ったことを覚えています。

そのことを考えるとブログは書くも書かないも責任は自分次第であって、読者がつくのも読者がつかないのもそれは完全に自分の責任なので、私はこれからが自由だと思いました。

50記事を乗り越えた原動力は試行錯誤

私はnoteと呼ばれるサービスで一週間だけブログを書いていた時期があります。

当時は今よりも圧倒的に文字数も少なく、何も考えずに書いていた雑記ブログでした。そのためか私はそのブログを始めても一週間しか書き続けることができず、まさに先程の自由と責任によって私はブログを手放してしまったという過去を持っています。

そんな私が突然一ヶ月50記事を書き続けることができるようになったのはなぜかと言うと、一番は試行錯誤する楽しみを覚えたからだと思います。

何も考えずに書いたブログでは例え閲覧者が増えて PV 数があったとしても自分を認めてもらえた感覚は味わえません。

それに比べ試行錯誤して書いた記事は、自分の頑張りが認められたような気がしてとてもやる気があがりました。

皆さんもブログの書き方を勉強して書いてみると意外と長続きするかもしれま。

はてなブログProかWordPressはどっちがいい

f:id:xmobile:20181107232726j:plain

さて、ここまで話してきてはてなブログ無料版から乗り換える候補としてははてなブログ Proと WordPress の二つが候補としてあがります。

そして私はこの二つの選択に既に結論を出しています。

エンジニアならWordPressでしょ!

エンジニア、特に Web エンジニアの方々であれば WordPress を扱うのは簡単だと思います。

WordPress を構成しているのはPHPMySQLとHTMLやCSSやJavaScripといったごくごく当たり前の Web サービスの構成を持っており、これらは私たちにとって簡単に扱える自由の効くサービスです。

はてなブログProでは縛られる

はてなブログ無料版に比べはてなブログProでは自由度が高いと述べてきましたが、すでに完成されているサービスであるはてなブログに比べて、 Wordpress は自由が利くサービスなので多少コードの書ける人や本気でブログに取り組む人が利用するべきなのはWordPressだと有名ブロガーの方々が口をそろえて言っています。

もちろんはてなブログは非エンジニアの方々や ITが得意ではない方にとっては非常に有効なとても使いやすくシンプルでおしゃれなブログなので、ITが苦手だなという方はすぐにはてなブログ Pro にすることをお勧めします。

まとめ

  • 無料版はデザインのカスタマイズが不自由
  • ドメインとって広告貼れる
  • 50記事かければ長く継続できる
  • 本気なら「はてなブログPro」より「WordPress
  • 早い方がWordPressに引っ越しが楽

【初心者ブロガー必見】画像の文字入れ編集はMacのプレビューで十分だった!?

こんにちは、画像編集革命を迎えた系エンジニアの堀川です。

いままで重たい画像編集アプリを使っていたのが馬鹿らしくなってくるくらいの大発見だったので誰かに伝えたくて重たい目を擦って記事を書き上げました!笑

画像に文字入れ編集はMacのプレビューで十分!?

皆さん、ブログに使うサムネイルなどの画像を編集するときに重たいアプリやいろんな工夫をしていたりしませんか?

実はそんなことしなくても簡単に画像編集して文字を入れたり加工したりすることができるアプリがMacにはデフォルトで入っていることをご存知でしょうか?

今回は画像編集を使いまくって私のおすすめの超簡単画像編集術(笑)をご紹介したいと思います。

ご用意いただくものは簡単「Mac1台」終了!

何もアプリケーションを入れる必要はございません。

ステップ1: Finderを開く

編集したい画像をMacにデフォルトで入っているFinderと言うアプリで開きます。

何処にあるかは保存時に決まった場所ですが基本はこんな感じの所に保存されていると思います。参考までに下記を御覧ください。

web上でダウンロードした画像であれば

→ダウンロード

iPhoneなどで撮った写真をMacに移すときなどは

→アプリケーション > 写真

iCloudの同期なら

iCloud Drive

スクリーンショットなら

→デスクトップ

f:id:xmobile:20181107234030p:plain

ステップ2: 画像をクリック

画像を見つけたらダブルクリック

するとプレビューで勝手に開いてくれるので簡単です!

画像が見つからないなら追加日でソート

Finderで並び順をソートできるので試して見てください!

f:id:xmobile:20181107234317p:plain

ステップ3: アイコンをクリックしてツールバー表示

この画像もプレビューで作りました!

アイコンをクリックするとツールバーが出てくるので後はパワーポイントのイメージで編集していくだけです。

操作性に少し癖がある

Apple製なのでMicrosoft製のパワーポイントとは少し勝手が違いますが慣れれば簡単です!

f:id:xmobile:20181107235008p:plain

ステップ4: 自由に編集!

自由です!

もう資本論で有名な学者のマルクスさんの写真をイジイジ…

ええ、説明する事は特にありません。
慣れてください。

f:id:xmobile:20181107235910p:plain

ステップ5: 保存(comand + s)

保存も簡単!

「comandキー + sキー」のショートカットで一発!

もしショートカットが分かりづらい時は
Mac画面上部の「ファイル > 保存」で完了!!

とても簡単で驚きですよね!
ええ、何を隠そうこの記事を書く5分前まで私も知りませんでした。

ステップ6: Finderで確認!

保存したら閉じてもう一度画像ファイルを開いてください!

ちゃんと編集された状態で保存されて居るはずです!

余談 「戻る, 進む」も使える!

ああ!失敗した!

「戻る」や「進む」も使えます!

余談「絵文字」が使える

Mac画面上部の「編集」から絵文字を探してください!

可愛らしい絵文字を追加する事ができます!

まとめ

画像の文字挿入くらいならMacデフォルトのプレビューで十分!!

私も以前は色々な画像編集アプリを使ったりなどして少しおしゃれな画像を使っていたりしたんですが、これよりもやはりシンプルであることや使いやすさを考えてMacのデフォルトのプレビューを使うのが最も最善だと私は思っています。

リビングなしのシェアハウスのデメリットを実体験を元に紹介します。

こんにちは、文章力鍛えたい系エンジニアの堀川です。

伝える力があれば色んな事ができるので
ブログはとてもいい訓練になります!

それでは本編をどうぞ!

リビングなしのシェアハウスは気をつけたほうがいい話

f:id:xmobile:20171225113658j:plain

まずはじめに、
私はリビングなしのシェアハウスを否定している訳ではありません。

その事を踏まえた上で、
私が感じた実体験を書き連ねて行きたいと思います。

リビングなしのシェアハウスは住んで見ないと分からない事もたくさん潜んでいるので、そのことを多くの人に知って貰いたくてこの記事を書こうと思いました。

[補足情報]

私は2017年の12月から
東京のとあるシェアハウスに引っ越してきました。

そこから現在2018年の11月に至るまで
約1年ほどシェアハウスに済み続けています。

エピソード - 交流が無く不満が溜まる

リビングのないシェアハウスには交流がありません。

それにより起る弊害としては、
共有スペースの使い方がとても悪い方が居ることです。

通常のシェアハウスであれば
何かしらの方法で相手にそれとなく
マナーを指摘して上げる事ができるかも知れません。

しかし、リビングなしのシェアハウスでは交流も無く、
いつも指摘できずにただ鬱憤をため続けていくことになります。

これから具体的なエピソードを語っていく上で、
人によっては全く不満が溜まらない方もいらっしゃるかもしれない事を理解した上でご紹介する事をご理解いただければと思います。

トイレが汚い

まず、私が入居して直ぐに気づいたのはトイレが非常に汚かったことです。

トイレというのはその家の良し悪しを決めるとても大切なところなのですが、シェアハウスの場合は複数の人が同じ便器を使用するため、汚れるスピードが圧倒的に早いので、通常の清掃レベルでは清潔な状態を保てていなかったのかも知れません。

また、常に清掃する人ばかりではないため汚れが溜まり、毎回自分の番になった時に汚いトイレを使う羽目なる事もしばしば、気付いた時には自分だけしかトイレを掃除していなかったと言う事も十分にあり得えます。

これは非常にストレスが溜まることなので
綺麗好きの方にとってはすごいデメリットになると思います。

風呂が汚い

私のシェアハウスはお風呂ではなくシャワールームがあるのですが、湯船がないとしてもとても汚くてストレスが溜まる空間でした。

というのも排水溝に溜まった毛や汚れを誰も処理しないので、誰の汚れかもわからない汚物を毎度毎度自分で触って処理しなくてはならないという苦痛を強いられるからです。

「自分は清掃しませんよ」と言う考えを持っている人は注意が必要です。

なぜなら溜まった髪の毛やゴミは排水口を詰まらせ、シャワーを浴びているときの足元にどんどんと汚れた水が溜まり、不快な思いをしながらお風呂に入らなくてはならないからです。

それでもまるで我慢比べの様に誰も清掃しないので
人間ってこんな不潔なのかな?

と不安に思ったくらいです。

誰もゴミ箱のゴミを捨てない

シェアハウスには多くの場合、共有のゴミ箱があります。

そういった場合にゴミ箱のゴミを捨てない人は入居者の9割以上だと思った方が良いと思います。

私もシェアハウスに入居して約1年経ちましたが
未だに私以外の人がゴミを捨てているところを見たことがありません。

おそらく、殆どの人はゴミを捨てているのが
清掃員の人だと思っているのではないでしょうか?

タバコ臭い

私のシェアハウスは全面禁煙のシェアハウスなのですが、何故かどこかの部屋から非常に強烈なタバコの臭いがしています。不思議なことに洗濯機の中や乾燥機の中にタバコの吸い殻が落ちているという謎の現象もあります。

これはコミュニケーションの取れないリビングのないシェアハウスであるため、悪いことをしていても指摘することができないと言う非常に困った状態にあるので起こってしまうのでしょう。

深夜の洗濯機

深夜0時を超えたて洗濯機や乾燥機をかけ始めるアホがいます。

普通に考えれば、これは睡眠妨害と捉えてすぐにでも文句を言ってやりたいところですが、リビングもないコミュニケーションの取れないシェアハウスではまず苦情をいうチャンスがありません。

特に私の部屋は洗濯機や乾燥機に一番近い場所にあるため、寝ている時に突然洗濯機や乾燥機の音で起こされることも少なくありません。これによって睡眠障害に陥りかけたこともしばしばあります。

物音に敏感な人はこのようなケースによって日常生活に支障の出るレベルの睡眠障害に落ちる可能性もあるので気をつけたほうがいいと思います。

盗難事件

詳しくは知りませんが、シェアハウス内での財布の盗難事件があったそうです。

警察もシェアハウスの中に入ってきて取り調べなどを行っていたのでおそらく本当に盗難事件があったのだろうとは思いますが、コミュニケーションの取れないリビングなしのシェアハウスでは実際に何が起こったのか全くわからないので疑心暗鬼が募るエピソードとなりました。

結局犯人も見つからず管理会社から1通の注意メールが送られてくるだけ…

それから私は少しでも部屋を離れる場合は必ず鍵を閉めるようにしています。

Wi-Fiはほぼ繋がらない

管理会社によって違うかも知れませんが、はじめに運営していた管理会社以降の管理会社からは、wi-fi の速度が急激に落ちました。

これは居住者の単価が低いのでサービスの質が比例して低くなるので仕方がないことかもしれません。

そう考えるとおそらく多くのリビングなしシェアハウスでは、 wi-fi 有りと歌っている物件でもほとんど繋がらないwi-fi のケースが少なくありません。

メリットもある

もちろんリビングなしのシェアハウスにもメリットはあります。

それはリビングがないことで
誰ともコミュニケーションを取らなくて良いので
会話による心のすり減りがないというメリットがあります。

どんな人が入居するか分からないシェアハウスで嫌な人に当たるとホントにただの苦痛になりかねないので結構重要なことです。

一人暮らしに近い

私も気分はほとんど一人暮らしに近いような状態で日々暮らしていけるので、これだけは普通のシェアハウスとは違ったメリットを享受できたかと思っています。

家賃が相場より安い

またリビングなしのシェアハウスは大抵普通の所よりも安い家賃であることが多いので、上京したばかりの若い人たちにはとても助かる安い家賃の居住区となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか、 リビングなしのシェアハウスは意外とたくさんのでデメリットを持っている事がわかっていただけたかと思います。よく調べずに入居して失敗したと思わないように注意して下さい。

私のような被害者を作らないために!笑

まあ、1年も住めばなれますけどね〜

初級エンジニアは仮説検証を全力で回して量と質を向上させろと実体験を元に語ります。

こんにちは、
最近Go言語かPython
手を出そうか悩んでいる堀川です。

Vue.jsを年内に遊んで
来年からはGo辺りに手を付けてみようかな?

と思っていますが…
どうなんでしょうね。

初級エンジニアは仮説検証を全力で回そう

f:id:xmobile:20171101191551j:plain

私の実体験を元に話すと、
初級エンジニアはただ全力で仮設検証を
回し続けることだけを考えれば良いと考えます。

もちろんこれに異論を唱える方も多いかも知れません。

しかし、
私は初級エンジニアは手数が全てだと思うので
こういった提案をさせていただきます。

赤ん坊と同じ無知の極みになれ

私達初級エンジニアはまさに無知の極みです。
そして、その事を正しく受け止めて学習する事で

固定観念のフィルターを通さずに
新しい技術を取り入れる事ができます。

赤ん坊は何も知らないのでなんでも挑戦します。
そこにフィルターはありません。

私達もこれを見習って
なんでも挑戦していける心構えで望みましょう。

すると新しい事に挑戦するハードルが低くなります。

「失敗してもいい内に失敗しとけ。」
とはよく言ったものです。

私も沢山失敗して沢山挑戦しています。
寧ろ挑戦を実験と呼び始めるようになったくらいです。

考えるくらいなら手を動かせ

仮説検証を沢山回すには
考える時間よりも手を動かしている時間の方が
多くなくてはいけません。

ここで、私の大好きな言葉を2つ紹介しましょう。

「馬鹿の考え休むに似たり。」

「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる。」

もう何が言いたいのかわかりましたね?
無知なド素人はとにかく経験を積むべきだって事です。

そう、経験こそ力です。

私も新しい案件に挑戦する時は
新しい技術の経験が詰めると楽しんでやっています。

まあ、きっとこの感情も段々と薄れてきて
環境を変えようと動くんでしょうけどね。。。

仮設を立てて実験(検証)しよう

散々考えるなと言ってきてなんですが、
仮設を立てる事は重要です。

しかし、それは手数をこなせる様になってからの話です。

手数をこなせる様になったあなたは
次のステップに進むべきでしょう。

それが仮説検証の段階です。

これらはとても楽しく
Google検索でコピペするよりずっと勉強になります。

ここでコツを一つ、
仮設検証の段階ではリファレンスを読むことと
小規模コードによるテスト実装がおすすめです。

私も自分の開発環境には必ずtestディレクトリを作成して
直下に沢山の小規模実装コードを書いています。

理系の方は得意だと思いますが
条件を絞った環境で実験すると全体像がつかめて
よりプログラミングの理解が深まるので

強くおすすめします。

まとめ

手を動かして量をこなせ!

仮説検証はリファレンスと小規模テスト実装で検証!!