高卒クズ男の再興戦略

高卒クズ男こと堀川登喜矢がエンジニア転職を皮切りにクズ脱却を目指すブログです。

第一回「趣味は転職活動です!」を導入した話

こんにちは、常日頃からフザケて生きる事にコミットしてしまっている頭イってる系エンジニアの堀川です。

最近ではいくらフザケても誰もが許してくれるので勘違いしてしまいそうで…

それでは本編をどうぞ!

「趣味は転職活動です!」を導入した話

趣味は転職活動です!
趣味は転職活動です!

本日より始動した「趣味転職活動」について、1日目の成果報告として記事を書きます。まだ1日目なのであまり大きな成果も分かりやすい結果もありませんが暫しお付き合いいただけると幸いです。

それにしてもエンジニアの転職活動の敷居ってどの業界よりも気軽にできるんだな〜と思いました。営業マンに転職した時はスーツをびっしり決めて業界のリサーチをして紙ベースの書類を用意して挑んでいた記憶があるのですが…

依存度が減少して精神がスターモードになる

まず始めに、「転職活動を始めた」と言う事実自体が精神に良い影響を及ぼす事がわかりました。

あ、いや。本当は以前転職活動をした時に同じ経験をしているので分かっては居たんですけどね。でも今回の事例では今までにない要素があるのでその違いから新しい成果と言えるかもしれません。

さて、その違いとは…

「辞めたい!」という気持ちが少ない転職活動は何とも自由だ!

そうです。現在僕にとって会社を辞めることはそこまで高い優先度を持っていません。面白いところで自分の力を十二分に発揮できたら辛楽しそうだな〜っと思っている程度です。

そんな姿勢で行う転職活動は心に余裕が合って色んな事を見ることができます。

今すぐ辞めたいと思っている時などの姿勢ではあまりに前傾姿勢で広い視野を確保できないまま目の前の事ばかり集中してしまいます。しかし、今回の様な場合では余裕があって視野が広い状態で物事を捉える事ができるので今まで見えなかった部分も見えるかもしれません。

第1回はTwitter経由で1度だけ会ったことのある人でした。

まず始めるに、何も考えずエージェントに登録するのは今回は止めにしようと思いました。それはエージェントを通す事で企業側に掛かるデメリットと書類フィルターを通過するためという単純明快な動機です。

25分のランチ面談

よくあるランチ面談形式です。

このタイプの面談に僕は嫌な思い出があるので今回は主導権を握らせていただくためにお店は私が決めさせていただきました。あと相手が遅刻してきたのでお店が決まって居なかったというのもありますが…

さて、時間はたったの25分

この短時間で僕は何を聞き、何を話そうかを悩みました。

ざっくりやったこと

上から順に移動時間も使って聞いて行きました。

気さくな方なので話に詰まる事も無く非常にスムーズに雑談をはさみながら会話をしていけたように思います。しかし、転職活動のイロハを忘れてしまったのか何を聞けば良いのかわからなくなっていたのであまり良いことは聞けなかったと思います。

  • 1度会った記憶の想起・共有
  • 遅刻したエピソードと共感
  • お互いの近況(twitterで事前リサーチ)
  • ビジネスモデルについて(序)
  • エンジニアに何をしてほしいか
  • 開発環境(あまり深く聞けなかった)
  • 社内の構成(人)
  • 自分の現在の業務について
  • 自分が何をできそうか
  • 今後そのサービスをどうしたいか
  • エンジニアをいつ欲しいか
  • 今度オフィスに遊びに行ってもいいか

過去の経験からビジネスモデルの話になった時は共感して良く熟考しながらもあまり相手に喋らせすぎるのは良くないと思っているので今回は話の主導権は基本的に私が握らせて頂いた形になります。

それが良いことなのか否かは今の私では判断が付きません。。、笑

感想

あれ?会話の内容が

「お久しぶりです!」

「こんな仕事してます!」

「転職活動はじめました!」

「今度遊びにおいでよ!」

のパターンで終わってる!
ただの旧友との雑談ランチみたいになってるじゃないか!!

ということで次回はもう少し戦略を立てて挑んで見ようと思います。

あと、会話の主導権は握りつつも基本的には相手に気持ちよく話して貰うことは引き続き意識していきたいと思います。

(緊張するとそんな事できないんだけどねw)